ビープレス効果なし情報に迫ってみた!
ビープレスは効果が高いけれど、下半身もケアしたい!下半身にも効果は期待できるのか、ボディケアについての評判をまとめてみました。

ビープレスの加圧効果

ビープレスは、体のパーツに合わせた6つの編地と5段階の加圧によって引き締まった女性らしい体づくりをサポートしてくれます。ビープレスの加圧は、姿勢の矯正をはじめ、体幹や筋肉にもアプローチすることでダイエット効果も高い商品です。

自分では意識し続けるのが難しい正しい姿勢も無理なくキープし、体幹やインナーマッスルを自然に鍛えることができるので、トレーニングや運動が苦手な人でも脂肪の付きにくい体づくりをすることができます。

女性らしい体づくりのために、パーツに合わせて加圧力が違うので、それぞれの場所に適度な加圧がかけられることで効果を感じやすく、満足度も96%と高評価となっています。

ビープレスは下半身にも効果はあるのか?

ビープレスはタンクトップ型の加圧インナーなので、直接下半身にアプローチされることはありません。しかし、正しい姿勢をキープできることや、体全体の代謝を上げることは下半身のダイエットにも効果をもたらします。

加圧式レギンスや足のマッサージのように直接下半身を引き締めることはできないのですが、ビープレスを着用して姿勢を正した状態でのウォーキング、ビープレスを着用して代謝を上げた状態での下半身トレーニングは通常よりも効果が高いといえます。

ビープレスで効果の出るパーツ

ビープレスを着用することで効果が期待できるのは、主にお腹、背中、ウエスト、バストです。これらのパーツはビープレスを着ているときに加圧がされるので、着続けることで引き締め効果が期待できます。

このほかの加圧がされないパーツでも、二の腕やヒップ、脚なども、ビープレスを着て代謝が上がることで引き締まる可能性があります。脂肪の燃焼には代謝の向上が不可欠なので、ビープレスは全身のスタイルを保つのに効果を期待できます。

ビープレスで下半身痩せするには

先述にもあった通り、ビープレスは下半身に加圧はかけられないので、下半身を引き締めるためにはビープレスを着ての運動が効果的です。直接のアプローチがなくても、正しい姿勢を保ち、基礎代謝を上げた状態でトレーニングすると運動効率がアップするので、下半身の引き締めにも効果があります。

ビープレスを着て下半身を引き締めるには、ウォーキングやスクワットなどがおすすめです。普段ウォーキングやスクワットをするときにも、姿勢や腹筋は意識しますよね。それをビープレスを着ることで無理なくキープできるのです。

ビープレスをきて、下半身を鍛えるトレーニングをすることで、いつもより効果を感じやすくなります。

いかがでしたでしょうか?
ビープレスで効果が期待できるのは上半身だけではありません!ビープレスの加圧効果で全身キレイなスタイルを作り上げましょう!