毎晩のビールでポッコリ出てきたお腹。年齢とともに落ちにくくなる脂肪が気になるのは女性だけではありません。今回は男性におすすめのメタボ解消ダイエット法をご紹介します!

メタボの基準とは?メタボのの定義を知ろう

メタボリックシンドロームとは、単に太っていることや腹囲が大きいことではなく、複数の病気や異常が重なっている状態のことを指します。「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、内臓脂肪が溜まることによって、糖尿病や高血圧、高脂血症といった生活習慣病が重なっていることを言います。

このように複数の異常が重なると、動脈硬化を引き起こして心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めることになります。肥満には皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満がありますが、メタボリックシンドロームで問題となるのは後者の内臓脂肪型肥満です。

メタボリックシンドローム診断基準検討委員会が平成17年の4月に制定した診断基準では、腹囲が基準値以上(男性85cm、女性90cm)のほか、以下の3つのうち2つが当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。

・血清脂質
中性脂肪値が150mg/dL以上、HDL-コレステロール値が40mg/dL未満のいずれか、あるいは両方に当てはまる。

・血圧
収縮期血圧が130mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上のいずれか、あるいは両方に当てはまる。

・血糖
空腹時血糖値が110mg/dL以上

腹囲が基準値以下であったとしても、内臓脂肪面積が大きい人もいますので、正確な値を測る際は腹部CTで測定をします。

こんなことも?!メタボの原因

メタボリックシンドロームを引き起こす原因の多くは、生活習慣にあるといわれています。食生活や運動習慣、ストレスといった生活習慣が乱れると体内のバランスが崩れていきますので、メタボリックシンドロームにつながりやすくなります。

・食生活の乱れ
栄養バランスが偏った食事が続くと必要な栄養が摂取できません。塩分や糖質、脂質の摂りすぎや、就寝前2時間以内の食事は内蔵に負担をかけてしまうので肥満につながります。

特にカルシウムやビタミン、食物繊維の不足は代謝を下げたり腸内環境を悪化させる原因となりますので、食事でしっかり補うことが必要です。

・運動習慣の乱れ
運動量が少ないと、摂取したカロリーを十分に消費できないまま脂肪として蓄積させてしまいます。運動不足は基礎代謝や筋肉を衰えさせるので、軽くでも運動を習慣づけることが重要です。

通勤ルートに歩く時間を入れることやできる限り階段を使うこと、週に数回有酸素運動を30分以上する時間を設けることも続けることで効果が出てきます。

・ストレス
ストレスは睡眠の質を下げたりホルモンのバランスを乱し、太りやすい体にしてしまいます。ホルモンのバランスが崩れるとイライラしたり過食の原因ともなります。寝る前に携帯やパソコンの画面を見ることは避け、短くても深い眠りにつけるような対策をすると良いでしょう。

女性と男性では効くダイエットも違う?

女性と男性では基本的に男性の方が筋肉量が多いので、脂肪を燃焼しやすくダイエットが成功しやすい傾向にあります。筋肉の量は代謝に影響するので、筋肉量が多く基礎代謝が上がりやすいほうが痩せやすいのです。

また、女性の場合生理の周期でホルモンバランスが変化するため、どんなに頑張っても痩せにくい時期や太りやすい時期がありますが、男性はそのような要因に左右されることがありません。

さらに、男性は女性に比べて筋肉が付きやすく、基礎体力も高いので運動習慣が付きやすいです。筋トレやジョギングの効果が出やすいため、ダイエットが成功しやすいといわれています。

男性におすすめのダイエット法

男性がダイエットをするときは、食事制限よりも運動の方が効果的です。女性は皮下脂肪がつきやすいのに対し、男性は内臓脂肪がつきやすいので将来的に病気にかかるリスクも大きくなります。

内臓脂肪を落とすには筋肉量を増やして基礎代謝を上げ、消費カロリーを多くすることが必要です。そのためには食事量を減らすのではなく、筋力トレーニングで筋肉を増やしたり、有酸素運動や無酸素運動で脂肪を燃焼させることが効果的です。

人の体の筋肉の多くは下半身に集中していますので、スクワットやジョギングなど下半身を使った運動がおすすめです。また、体の深層部にあるインナーマッスルを鍛えることで体全体の筋力も上がりますので、体幹トレーニングをするのもいいでしょう。

いかがでしたでしょうか?
ダイエットは女性がするというイメージが強いですが、男性は食生活が乱れがちなので肥満には注意する必要があります。でも健康意識を持って気を付ければダイエットが成功しやすいので、ぜひスリムな体を目指してください!